簿記能力検定

簿記能力検定

簿記能力検定は民間資格です。
商店や企業の経営に必要不可欠な経理能力。基本的な簿記から税理士の受験資格が得られる高度なものと内容が幅広い資格です。

簿記能力検定の受験資格は?

簿記検定の受験資格ですが誰でも受験することができます。
学歴や経験が関係なく、誰でも受験することができるのがおすすめですね。

簿記能力検定の試験内容は?

簿記能力検定は基礎簿記会計3級2級1級上級があります。それぞれの試験内容を説明していきます。

基礎簿記会計の試験内容

商業簿記の基礎理論が試験内容になっているので基礎レベルです。
基礎簿記会計の試験時間は1時間30分で行われます。
100点満点で70点以上が合格です。

簿記能力検定3級の試験内容<

個人企業の経理を担当できるレベルです。
簿記能力検定3級の試験時間は1時間30分で行われます。
100点満点で70点以上が合格です。

簿記能力検定2級の試験内容

簿記能力検定2級は簿記能力検定3級と違い商業簿記工業簿記があります。
簿記能力検定3級は個人企業でしたが簿記能力検定2級は法人企業の経理を担当できるレベルです。
簿記能力検定2級の試験時間は1時間30分で行われます。
100点満点で70点以上で合格です。
※2科目に合格した場合のみ「合格証書」が発行される。
どちらか1科目だけ合格の場合は「認定証書」が発行される。

簿記能力検定1級の試験内容

簿記能力検定1級の試験内容は商業簿記会計学工業簿記原価計算があり、経理主任レベルです。
簿記能力検定試験1級の試験時間は商業簿記・会計学と工業簿記・原価計算でそれぞれ1時間30分の合計3時間で行われます。
100点満点で70点以上で合格です。
※商業簿記・会計学または工業簿記・原価計算の1科目だけ合格し、1年以内に残りの科目を合格した場合、1級合格証書の交付になる。

簿記能力検定上級の試験内容

簿記能力検定上級の試験内容は商業簿記会計学工業簿記原価計算があり、経理責任者レベルです。
簿記能力検定試験1級の試験時間は商業簿記・会計学と工業簿記・原価計算でそれぞれ1時間30分の合計3時間で行われます。
各科目100点満点で各科目の得点が40点以上、全4科目の合計得点が280点以上で合格。

簿記能力検定の試験はどこで受けれる?

簿記能力検定は全国各地の協会加盟校や指定学校が会場になります。
くわしくはこちら

簿記能力検定の試験日はいつ?

受験級 試験日
基礎簿記会計 2月・5月・7月・11月
3級 2月・5月・7月・11月
2級 2月・5月・7月・11月
1級 2月・5月・7月・11月
1級 2月・7月

詳しい日時を知りたい方はこちら

簿記能力検定の試験日はいつ?

受験級 検定料
基礎簿記会計 1,200円(税込)
3級 1,400円(税込)
2級 1科目:1,700円(税込)
1級 1科目:2,200円(税込)
上級 7,500円(税込)

※2019年6月現在

簿記能力検定の試験勉強はどうする?

簿記能力検定の試験勉強は検定を実施している団体が認定してる公式なテキストがあります。その公式のテキストを書店で購入し試験勉強をすることが可能です。